犬が老化してきたときにみせる仕草や行動5選 見た目に表れる変化とは?|ニフティニュース

ニフティニュース 2024-05-14

老化してきた犬の見た目の変化として、被毛の白髪化やパサつき、皮膚の変化、目の濁りなどがみられ、飼い主の気遣いが必要になってくる。老化してきた犬は、以前と比べて反応が鈍くなったり、休息時間が増えたり、高低差のある場所での動きが慎重になってきたりするなど、行動の変化も現れる。散歩で早めに帰ろうとする、ゆっくりと動くようになった、などの行動変化は、シニア期の犬の特徴で、飼い主は犬の状態に合わせて生活スタイルを調整することが大切だ。

みんなのコメント

まだコメントはありません。