企画展「雪とくらし」|金沢市公式ホームページ いいね金沢

未登録 2022-11-24

金沢の冬といえば「雪吊り」や土塀の「こもかけ」ですが、湿って重たい雪は除雪が大変で、過去に何度も大雪に襲われています。そんな金沢の昔の冬のくらしは、どんなものだったのでしょうか。コタツを囲んで家族と過ごしたり、「きんかんなまなま」な道で遊ぶ竹下駄など、今とは違う楽しみ方がありました。今回は現在見られなくなった生活用品などを通して、金沢の冬の風物詩を紹介します。また当時のくらしを紹介するにあたり、金沢を代表する三文豪<泉鏡花・徳田秋聲・室生犀星>の文章を引用しています。

みんなのコメント

まだコメントはありません。